You are here
Home >

失踪をしてしまう、行方不明になってしまうという人はとても多くいます。更に、疎遠になってしまい連絡を取らない状態が続いていた事が原因で、現在の所在が掴めない状態になってしまうという事も少なくありません。そんな行方が分からなくなってしまった人を探したいと考えた時に有効なのが、探偵事務所の行方調査を利用する方法です。共通の知り合いが多い相手であれば、知り合いから話を聞く事で、簡単に現在の消息が分かる可能性があります。この場合は調査の依頼をする必要はありませんが、人によっては、周りの人に聞いても所在が分からないという事は珍しくありません。それでも見つからない、どうしても会いたいという場合は、個人では出来ない調査も可能な探偵事務所に行方調査を依頼する事がおすすめです。

探偵事務所の基本的な調査の方法

探偵事務所に行方調査を依頼した場合、まず依頼者から渡された資料から出来る情報収集をしていきます。聞き込みを行う以外にも、現在はネットで調べるという方法も活用されています。ネットで探すのであれば個人でも可能と考える人は少なくありませんが、独自のネットワーク等を駆使して、より本格的な調査が行われます。そして、探偵事務所によっては、全国的なネットワークを誇る事務所もあり、こうした事務所を利用すれば、行方がわからなくなった人がどこにいても、しっかりと調査をして貰える事になります。勿論、個人でもこうした調査に対応してくれる事務所は多くありますが、交通費等の必要経費が多くかかる事になります。ですから、本気で人を探したいのであれば、全国的なネットワークを持つ事務所を選んでおく事がおすすめです。

調査の費用や期間は行方がわからない人によって

実際に行方調査を依頼する場合、調査費用が気になるという人は多いでしょう。調査費用は、調査に必要になった期間によって大きく変わってきますが、簡単な調査でその人が見つかった場合でも30万円程度は必要になってきます。人によっては、誰にも見つからないように気をつけて、行方をくらましている人もいます。この場合、手がかりを見つけるだけでも難しい状態となります。その為、自ら行方をくらました人の場合、しっかりとしたネットワークを持つ事務所でも、探す事は困難になります。こうした場合は、100万円以上の費用がかかってくる事も少なくありません。ですから、ただ疎遠になってしまっただけの人と、自ら見つからないように失踪をした人では、掛かる調査費用等が大きく変わってくる事になります。

Top