You are here
Home >

行方調査とは、簡単に言えば人探しのことで家族を始め、友人、元恋人、恩師、知人などの居場所を探る調査のことです。どうしても人を探したい場合は、できるだけ個人の力で探すことに力を入れますが、自分の力では限界があるなどの理由で、プロの探偵などの調査会社に依頼するケースもあります。調査会社に依頼すれば、独自の方法で人探しを行ってくれることもあり、また調査ノウハウも確立しているため、簡単に見つかることも多いです。早ければ2~3日もしくは1週間程度で調査結果が報告されることもあります。ただ場合によっては難易度のある調査であると長期間の時間がかかってしまうケースもあります。調査には調査前の手掛かり情報の豊富さがカギを握ることも多いため、その手掛かり情報が豊富であれば調査結果も出やすい傾向になっています。それと調査を行う探偵の腕の良し悪しによっても、調査結果がでる期間に違いが生じることも多いです。

行方調査に必要となる情報について

良い探偵に行方調査を行って貰う場合には、事前にできる限り多くの情報を依頼者から集めようとしています。例えば、氏名、過去に住んでいた住所、電話番号、出身学校、在職していた企業などです。また依頼者以外にもその人のことを知っている人や自動車の車種、ナンバーなど様々とあります。また探偵自身の経験や実績から導かれた情報などを聞かれるケースもあります。良い探偵の場合は、基本的な事項のみならず、捜査方法なども依頼者に丁寧に説明してくれます。また調査結果の報告も書式などで提供してくれるので、安心となります。一番の注目ポイントとしては、探偵しかない機材を用いることです。例えば暗闇でも写せる暗視カメラ、遠くからでも撮影可能な望遠カメラ、100円ライタータイプの小型カメラなどとなり、行方調査でも用いられることがあります。

良い探偵が行方調査をするための方法

良い探偵の場合は、行方調査を行う上では念入りに足を使って聞き込みを大事にする姿勢があります。場合によってはチームを組んで行われることもあり、警察に知り合いの方がいれば、その人から聞いたりすることもあったりします。また公共施設などに頻繁に足を運んで、現在の居場所を把握することにも勤めます。ただ探偵に依頼する時に時間がだいぶ経過していたり、情報の提供量が少なすぎると断られてしまうケースもあります。近年は個人情報保護の観点から調査も難しくなるケースも多く、家出や借金取りから逃れるため失踪しているケースでは見つけるのが困難となります。従って良い探偵の場合は、調査が成功するか否かが依頼する時点で解ってしまうこともあるため、断られるケースもあり注意が必要です。

Top